年を重ねると主役はできない!?キレイを捨てた有名な女優

目張りが有名女優の象徴に!

有名女優は映画、テレビ、舞台と活躍の場を広げ、2011年の映画で主演したんですよね。出演依頼を受けたとき、それまでになく迷ったんですね。山に捨てられたおばあさんたちが集落を築いてクマと死闘を繰り広げる物語で、70歳のおばあさん役と言われましたが、同じ年の有名女優はおばあさんには見えなかったんですよね。そしてメークが問題なんですが、デビュー映画のオーディションで、原作の挿絵を描いた先生に目張りを入れてもらった顔を見て驚いたんですね。以来、目張りは有名女優の象徴となったんですよ。

キレイな女優を捨てて挑もう!

有名女優は映画監督に何度も会い、いろいろな人に相談したんですよね。「いつものキレイな女優さんを捨てて、これに挑んではどうですか」という有名俳優の言葉で決断したんですよ。年を重ねるにつれ、主役はできなくなるという感覚も芽生えていたんですよね。山形県の撮影現場は氷点下で、真っ白な中に1時間立っていると粉雪、ぼたん雪と、雪は姿を変えて降ってくるんですね。こんなにステキに変化するなら、自分は何もしなくていい、立っているだけでいいと有名女優は勇気をもらったんですよ。

いつもキレイに見せるのが女優!?

有名女優は映画の撮影現場では目張りは入れませんでしたが、素顔ではなく、汚すメークを施したんですよね。舞台の稽古では、いつもキレイにメークをしているんですよ。役の印象に近い稽古着やアクセサリーを用意して、日本物であれば、浴衣ではなく着物を着て稽古に臨むのが有名女優の唯一の自慢だと言いますね。初舞台で、トレーナー姿で稽古場に来た共演者が、演出家に「何の役か考えろ!」と怒られているのを見ていたんですよね。皆さんの前だから、いつもキレイに見せる、それが「女優」なのだと有名女優は言っているんですよ。

山本英俊さんと言えば、何と言ってもパチンコ業界ではたいへんに有名なひとです。また競馬では、馬主としても、有名な人です。