目立ちにくい包茎手術を選ぶことがとても大切

手術の痕が目立つことで生じるリスク

コンプレックスを抱くことによって包茎手術を受ける人が圧倒的に多いですので、手術を受けたことが発覚するようなことはなんとしても避けなければなりません。包茎手術を受けたことが知られることで、新しいコンプレックスが生まれてしまうことがあります。包茎を治療したことは、以前包茎であったことを証明しているわけであり、治療をした事実こそが新しいコンプレックスとなってしまうことが考えられますので、目立ちにくい手術を選択しましょう。

目立ちにくい包茎手術

良く指摘されるのがツートンカラーになることです。余った包皮を切除して、縫い合わせることで手術の痕が目立ちやすくなります。それを防ぐには手術方法を選択することで改善することが可能です。根部切除法は根元から包皮を取り除くことで、陰毛によって手術の痕が目立ちにくくなります。また複合曲線作図法は、個人の状態に合わせた手術になることから、綺麗に仕上がるのが特徴です。このような手術ができるのは実績と経験が豊富な医師になります。

実績と経験があるクリニックを選ぼう

包茎手術で大切なことは手術方法を選ぶことはもちろんですが、良いクリニックを選ぶことです。実績と経験が豊富な医師が在籍しているクリニックほど、後にコンプレックスが生じることがない包茎手術を受けることができます。保険適用がされないことで安いクリニックや、近くの泌尿器科などで受けるケースも多くなっていますが、そのような手術になると後悔してしまうことも多くなるでしょう。そのようなことにならないためにも、良いクリニック選びを必ず行ってください。

包茎の手術を受けたいなら、専門の医療機関を訪ねることです。実績のある場所で手術をすれば、手術痕が目立つこともなく安心です。