緊急事態への備え!燃料確保が必要な企業のBCP対策

企業が自前で燃料を確保するBCP対策

企業は事業のため車両を運用している場合が多く、燃料の確保を必要とします。しかし問題であるのが災害発生時であり、燃料の確保が重大な課題となるでしょう。そこでBCP対策を立てて、将来起こりうるリスクに備える必要があります。災害時に必要になる燃料を確保するには、一定量の備蓄を企業内で行う方法に効果がありますね。万が一の災害に備えて燃料を自前で確保すると、環境の変化に関わらず緊急時にも安定して事業遂行が可能です。

複数の企業で協力して燃料を確保するBCP対策方法

災害に備えての燃料確保は、企業にとって大きな負担となりかねません。そこで、一社だけでは難しいBCP対策を複数の企業で協力して実施し、それぞれの企業の負担を軽減する対策を取る事が出来るでしょう。複数の企業が協力して燃料の備蓄施設を設け、災害など緊急時には平常時に備蓄しておいた燃料を使用します。広範囲に及ぶ災害では、企業の壁を越えて互いに協力する心掛けが必要であり、平常時から協力体制を整える事も有効なBCP対策の一つですね。

電気自動車の採用で燃料確保の負担を軽減

災害時には燃料確保が難しく、事業遂行の妨げになります。そこでBCP対策の一環として、燃料に頼らない企業体制を整える方法も効果があるでしょう。事業で運用しているガソリン車やディーゼル車の一部を、電気自動車に換える対策ができます。電気は復旧が早いインフラであるため、災害発生後に素早い確保が可能です。また電気自動車は蓄電池の側面を持っているため、電気自動車のバッテリーから事業用の電気を確保できるというメリットもありますね。

BCP対策とは大規模災害に対するリスクヘッジの一種で、ダメージを最小限にとどめることを最優先に立案される計画です。