太陽光発電に参加して、エコに協力したい場合

集合住宅住まいや降雪地域

太陽光発電システムを導入したいけれど、雪が降る地域に住んでいたり、集合住宅に住んでいたりする場合は不可能です。自宅の屋根に取り付けられれば、停電時の非常電源にもなるんですけどね。そうしたメリットがなくてもエコに協力したい、という場合は、太陽光パネルを買って、太陽光発電を大々的におこなっている会社に貸し出すという方法があります。利回りが非常に良く設定されているため、投資として太陽光パネルを貸し出しているケースもあります。

場所を貸すよりパネルを貸す

電力の自由化で、いくつもできた新しい電力会社の中には、太陽光パネルを設置する場所を探していて、ビルの屋上などを借りることもあります。ただビルとしては、場所を貸すよりも、自前でパネルを購入し、設置したほうが遥かに利益が上がるようです。それでも初期投資費用がかかるからでしょうか。太陽光パネルを屋上に設置しているビルはほとんどありませんね。パネルへの投資を促すには、少額ずつでも可能なシステムがいいのかもしれません。

パネルの所有権がある

もしパネルを貸し出ししていた会社が倒産しても、パネルは自分のものですから、やがて自分のもとに戻ってきます。差し押さえられる心配はありません。その時は同じようなパネルがいっぱい出るわけですから、どこか別の会社が引き取りを希望するかもしれません。あらかじめ、自分のパネルを貸す会社が太陽光発電の技術をしっかりと持っているのか、太陽光発電に向いた場所に設置されるか、などをよく検討してから決めることが大事ですね。

太陽光発電投資に意欲的な方が増えてきています。いかに早く元を取るかにかかっていますが、投資がいかに活用できるか、数年先でないとわからないようです。