40代から50代の女性に見られる症状

ホルモンの関係性でなる症状

女性は年を重ねると体の様々な部分に変化が生じることがあります。その中でも、特に40代後半から50代にかけて多くでる症状が、生理不順です。生理不順は、閉経とともになる症状であります。そのため、40代後半から50代になると生理不順になります。また更年期障害といった症状も一緒にでてきます。では、更年期障害と生理不順について説明していきたいと思います。まず、更年期障害はホルモンのバランスが大きく崩れることによって出る症状なのです。

生理不順と更年期障害の関係と症状

女性には、エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンがあります。閉経が近づくにつれてホルモンのバランスはどんどん乱れていくのです。このようなことから、生理不順になり、閉経につながっていきます。ホルモンのバランスが崩れると女性の体はとても辛くなり、疲れやすくなったり、全身だるかったり、体が急に熱くなるといったホットフラッシュといった症状がでることもあります。このような症状をまとめて更年期障害といいます。

予防策と婦人科でできる対策法

更年期障害を予防するための方法を紹介していきたいと思います。まず、大切なことは生活習慣をきちんと整えることです。また、疲れを感じたらすぐに休息を取ることも重要です。また、ストレスを溜めないように上手に心と体のバランスを取ることも大切になります。それから、婦人科などに受診すれば漢方薬やお薬なども処方してくれることが可能です。それと最近ではホルモンのバランスを整えるための注射などのあるので良かったら摂取してみると良いと考えられます。

婦人科を受診したいけど、平日は仕事があってなかなか通えない。そんな方に日曜日に婦人科に通えるところを紹介します。