実は怖い生理痛。こんな病気の前触れかも。生理痛と緩和する方法は

眠れない程の痛み、子宮内膜症の可能性も

痛みで何もできない、眠ることも仕事や学校へ行くこともできない、薬を飲んでも痛みが緩和されない。こんな方は子宮内膜症の可能性があります。子宮内膜症とは、子宮以外の場所に内膜ができてしまい、増殖や剥離を繰り返します。生理の度に癒着を繰り返す為、血液がどんどん卵巣にたまって腫れて痛みが増していきます。治療としては、開腹手術か、将来的に妊娠したい人は放置すると不妊症の原因になるため、エストロゲンというホルモンの分泌を抑えて生理を止めます。

子宮筋腫が原因で痛くなることも

もう1つの原因に、子宮筋腫が関係します。子宮筋腫とは、子宮内にできるしこりです。子宮筋腫になると、不正出血や貧血が酷くなる場合や、生理痛が強くなることもあります。昔は出産経験者になりやすいと言われていましたが、最近では若くて出産経験のない人でも子宮筋腫になる場合があります。筋腫が小さければ、手術をせず薬で治療することができますが、放置し続け、大きくなってしまった場合は子宮を摘出する手術をする場合があります。

辛い生理痛の緩和方法は

冷えやストレスを感じると、血流が悪くなって痛みが増します。生理中は体を温かくし、普段シャワーだけの人は、入浴をして下半身の血流を良くすると痛みが緩和される場合があります。また、出産していない女性でも定期的にガン検診を受けることをお勧めします。内診をするので、その際に筋腫や卵巣の腫れをチェックしてくれます。また、不正出血や痛みが強い場合は、我慢をしないで婦人科へ行くことをお勧めします。辛い生理痛、上手に乗り切りましょう。

更年期の悩みを解消させるのであれば巣鴨の婦人科に行きましょう。漢方薬を使って症状を和らげてくれます。